ボクラの放課後

YaYaの青春カウンセリングRoom

思春期の心やからだの悩みをいっしょに考えるサイト…

オンナノコのからだの悩み

月経(げっけい)のこと

俗に「生理」なんていってるけど、正しくは月経。レディはそう呼んで欲しいなぁ。

月経の前には基本的に排卵があります。(←これ重要!!)
排卵は卵巣の中の原始卵胞(「げんしらんぼう」卵子のもと)が女性ホルモンの働きで成長し、飛び出すことです。通常1回の排卵につき、1個と言われてます。
この卵子は卵管で男性の精子と出会って受精卵になると、子宮に入り、子宮内膜にもぐって大きくなります。これが妊娠です。

子宮内膜はそれに備えて、排卵の時期には、ふかふかのベッドのように厚くなっています。(受精卵さんいらっしゃい〜、って待ってるかんじなのよ)
しかし卵子が受精しなかったときは、このふかふかの子宮内膜は不要となります。で、それが血液に混ざって排出されるんだよね。
これが月経です。(子宮内膜の壁がはがれ落ちていくんだ。だから痛いわけだよね…)

月経がなくなった…そんなとき。

初経(「しょけい」はじめての月経のこと)はあったのに、その後3ヶ月以上月経がない場合、続発性無月経と言います。
原因はダイエットによる体重減少や過度のストレス、激しいスポーツトレーニングなどが考えられます。(だから無理なダイエットは禁物なんだよねぇ)
月経がなくなって、楽チン〜なんて思わないでよ。
放っておくと、不妊症の原因にもなります。産婦人科医院で相談しましょう。

月経を通して、女の子は自分の身体と向かい合い、自分の健康状態をチェックしましょう。(最近の月経がいつあったのか、ちゃんと覚えてる?)

月経にともなう症状にはいろいろあります。
月経前に伴ういらいら、ゆううつ、眠気、頭痛、腹痛、腰痛、乳房痛、肌荒れ、吹き出物、便秘などの症状を月経前緊張性と言います。
これらは、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響と言われています。

  • 睡眠不足を避ける。
  • 規則正しく食事する。
  • 気分転換を図る。
  • 刺激物を飲んだり食べたりしない。
  • お風呂などでよく暖まる。

などを心がけ、またひどい場合は産婦人科で相談を。
ピルを内服し、排卵を抑制することで、月経に伴う不快な症状は軽くなるよ。(避妊のための薬と思ってたピルには、こんな効果もあるんだよねぇ。)